節約大好きmoccheeの徒然日記

投資実体験&ちょっとだけ工夫してお得な気分になりたい!そんでその後浪費したりする生活

夜につまずき (作詞:ビートたけし)

今年の紅白で、ビートたけしが歌うそうですね。

f:id:mocchee:20191221123629j:plain

しかし、私は「浅草キッド」より好きなビートたけしの曲があります。

世の多くの中年男性に 聴いてほしい曲

 

私を始め、世の 中年男性の皆さま。

この記事はお読みになりましたか?

私は素直に「年取って色々楽になった」点も共感しましたが、

特に心の琴線に触れたのは

僕は何者にもなれなかった。

 という言葉…。

今でも胸がチクリとする。

私にとって「ある歌」と共に、一生付き合っていかざるをえない感情…。

 


 

私は小さい頃から、周りの人より何でも割とすんなりできてしまうタイプだった。(運動以外)

反面そこから努力することをせず、どんどん周りに抜かれていった。

器用貧乏という言葉を知った時は、まさに自分を指す言葉で苦笑してしまった。

 

大体のことはそれなりに”さらっと”こなしていった人生だった。

 

しかし、練習や勉強をやり続けて、

例えばバンドや仕事で人に一目置かれるようになっていく人。

そんな人達を、眩しく羨むことが多かった。

 

 

 "本気で頑張る"ということが、

 

 

どうしても

 

 

どうしても、できなかった。

 

そんな自分を許すことができるようになってきたのは最近。

「割となんでも簡単なことはこなす私みたいのがいると、周りの皆は便利でしょw」

という解釈で、自分の短所もポジティブにとらえるようにした。 

 

しかしやっぱり何かしらのスキルを身に付けて、"自分のもの"にしている人にはどうしても負い目を感じてしまう。

 

私は、"何かのプロフェッショナル"にはなれなかった。

 


 

話は飛ぶのですが

私が中高生の頃、音楽業界は華やかで

少しでも有名になると誰でもCDをだす

という風潮があったと思う。

 

俳優・タレント・コメディアン、果ては野球選手。

いろんな人のレコードを見たり聴いたりした。

 

レンタルCD店が沢山あって、ちょっと気になるものはカセットテープにダビングしまくっていた時代。

お気に入りになったカセットは、自分のとっておきのレーベルに丁寧にレタリングして悦に入っていたものだ。

 

その中で一曲、中学生の自分なのに妙に心に引っかかった歌がある。

たぶん「5枚借りると割引」とかでなんの気もなしに借りた、ビートたけしのCDの中の1曲。

 

夜につまずき

いつもの相手と いつもの話
「俺は人とは 違うの」 と
違う同士で 肩を組む

 

酒のツマミの 人生論は
家路の明かりで 醒めてゆく

 

夜につまずき 裏道で転がり
子供の泣き声で 自分に気付く
生きてるだけの 人生ならば
何もこんなに 酒を飲みはしない
酒を…
酒をこんなに 飲みはしない

 

激しく生きぬく

 根性もなく

孤独に死んでく

 勇気もなしに

流れ流れて

 流れ流れて

流れ流れて

 今日まで生きてきた

流れ…流れて

今日まで、生きてきた

ビートたけしの歌唱はお世辞にも上手ではないけれど、その愚直な歌が心に突き刺さってくる。

そして作詞もビートたけしだと知った時、「あぁ、本当に才能のある人なんだなぁ」と考えさせられた。(たぶんゴーストライターだろうけど) 

 

私以外にもいるかもしれない、"何者にもなれなかった人達"へ。

酒に飲まれた時にでも、是非聴いてみて欲しい。

 

 夜につまずき - ニコニコ動画

 ↑ Youtubeに原曲がなかったので、こちらで是非コメント非表示で目を閉じて聴いてみてください。

夜につまづき/ライブ - Youtube

 ↑ ニコ動に抵抗がある方はこちらで是非。
最後のリフレインがインタビューで聞こえないし黄色い声援が曲の雰囲気をぶち壊しなのですが、当時のビートたけしってこうだったなぁという雰囲気が懐かしいです。

 

他にも節約情報や、気軽に読める美味しいもの等の記事がございます。

PCだと右上、スマホは下の方に「カテゴリー」がありますので

お暇つぶしにでも是非どうぞ!