節約大好きmoccheeの徒然日記

投資実体験&ちょっとだけ工夫してお得な気分になりたい!そんでその後浪費したりする生活

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

大阪のおばちゃん、いらっしゃいませって言葉知ってるか?【大阪G.W.旅】

『油かすうどん、食べたことありますか?』

 

いつも大型連休はじっとしている私。
(一泊二日程度なら、高いし混むしで良いことない)

2022年は5月1・2日と車中泊で紀伊半島を一周ドライブしてきましたが

今年のG.W.は予定を詰め込んで
次の日も朝5時に起きて電車に飛び乗り

JR在来線で先輩と大阪に遊びに行ってきました。

 

・名古屋⇒新大阪間の新幹線料金は5,940円×往復=11,880円 時間は片道49分

・名古屋⇒大阪間のJR在来線料金は3,410円ですが、
 金券ショップを使えば2,900円×往復=5,800円で行ける!

半額以下で行けるのね!*1


時間は3倍以上かかるけど。
家族じゃなく一人で移動だし、朝9時に着けるならOKOK!

 

1日目

リュックサック一つで電車に飛び乗ります。
普段は私鉄ばかりの私、JRだと一駅間の距離が広く感じます。
普通電車なのにもう県またいだの?!みたいな。

 

ドライブと違って車窓からの移りゆく景色を
余裕をもって楽しめるのが嬉しい。


何でもない田んぼに写る雲とか、日本らしくて好き。

 

米原までは各駅停車ですが、座れましたので特に辛さは感じませんでした。
初めての体験だからでしょう。毎週だったら嫌でしょうけどね。

 

米原で一旦下車して乗り換え。
乗り換えは一度だけ。
次の電車も座れましたので、快適快適!

 

天気も良く、風景を楽しんでいる間に

朝9:12 大阪到着

いやー、先輩に「在来線で行く」って言ったら
「辛いと思うよ~」と言われていたせいか、全然楽勝だった!

その先輩と合流。さっそく朝食をいただきます。
とはいえ、例によって朝はローカルな店って営業してないんだな~。

 

とりあえず駅ナカのうどん屋さんで大阪のうどんをキメる。


エキナカ酒場しおつる にて、250円
感想は「出汁がやっぱ名古屋とはちょっと違うかな~」程度。

 

さて、manacaに3000円チャージして大阪を周ります。

仁徳天皇陵古墳

まずは先輩が見たいという仁徳天皇陵古墳を見に堺市役所へ。
展望台が無料だそうで。

で、堺市役所の展望フロアから見てみましたが、

全っ然、古墳に見えない!

単なる小高い丘がある森林公園にしか見えんw

ということで、ちょっとガッカリしている先輩でした。

大平和祈念塔

次は私の希望で、富田林へ足を延ばします。

皆さんはご存知でしょうか?
あの野球で有名だったPL学園の関係する

PLの塔を。


(写真:4travel.jpより)

知らない人が見たら絶対特撮だと思うと思うんですけど

これもう
ウルトラマンの世界観でしょ!?


 シン・ウルトラマン公開記念

なんとなく光の国の匂いがするデザイン。

スケール感がわかりずらいですが

高さ180mあるんですよ!
通天閣の1.8倍!
名古屋栄のテレビ塔と同じ高さです。

これを公共事業じゃなくて、PL教団だけで建設したと。

 

宗教団体 怖~~!

ja.wikipedia.org堺東駅⇒金剛駅⇒路線バスで適当なバス停で下車して近くに行きました。
今はどこのバスでもmanaca等、地域系交通ICカードでいけちゃうんですね、便利~。

新世界で昼食に一杯!

通天閣を見学。


タワースライダーの存在には気づかなかった

 

それにしても凄い人出
通天閣の展望台チケット販売も凄い長蛇。
とてもじゃないのでスルーして

昼から一杯やりますか!と。

 

ところが飲食店もとんでもない人出で、どこも凄い待ち行列。

てかお前らほんとにそんなに串カツ喰いたいか?!

そんなに喰いたきゃおちょぼ稲荷行って玉屋でも行っとけ!

と何度も何度も思うほど、だるまや等の串カツ屋は超長蛇。

 

食事は断念しようかと思いましたが、とあるだるまやのお隣、

かすうどん恵美須屋2号店は何故か行列がほとんどなかった。
(店内は満席だが)

ほんとはかすうどんを食べたいけど、夜が食べられなくなるからな~。

名古屋との違いを見るためにどて煮を注文

なるほど!

名古屋はどてといえばホルモンの赤みそ煮だけど
こっちは牛すじなのね!

あと

知ってはいたけど紅ショウガ天は
練りもの無しのでっかい薄切り紅ショウガを揚げるのね!

っていうか串揚げだけど。

どて煮と串揚げを数本、そしてビールできゅっといってお昼はOK!

 

とにかく人が多すぎるわ!
そして小さな子供連れの若い家族の多いこと。
関西の人たちの考えることはワカランっ!
いやTDRやUSJのレストランならわかるよ?!
でもここってどう考えても子供が喜ぶ場所じゃないじゃんね。
昼飲みに小さい子供を連れて行列並ぶって…。

 

先輩はのんびりしたいというのでお風呂でまったりしますか!

スパワールド

ほんとに新世界のすぐ隣にある大浴場施設

www.spaworld.co.jpスパワールドでゆっくりサウナ&お風呂をきめました。

料金は1,500円。

風呂はまぁ確かにデカいけど、二度は無いね。

岩盤浴無しでこの価格は場所代かな~。

あんな人込み&繁華街のど真ん中にこんな施設があるなんて。

大阪のパワーを感じました。

ハルカス300

あべのハルカスです。

先輩は無料の展望台までは行ったことあるっていうし
下から見上げるだけでいいかな~とも思ったのですが

有料展望台ハルカス300、せっかくだから行っとくか。

料金はこちらも1,500円。

スパワールドはあれだったけど、こちらはどうかなと。

エレベーターに乗ったら、これが良かった!

エレベーターの天井が透明になってて見上げた視線がこう!

元からこうなのか、シン・ウルトラマン公開記念でアナウンスも斎藤工になってたからなのか、なかなかこちらもウルトラマン感(というかスペースマウンテン感)!

 

あっという間に最上階60Fに到達。

ドアが開くと

ヤ~バッ!
高さはんぱね~わ!

 

高所恐怖症気味の私は、怖くて窓に近づけないです。

っていうか、外見てるだけで足元がフワフワしてくる…。

どれほど高いかというと、

ウルトラマンの視線の5倍の高さです!
ウルトラマンが実際に現れても、
見えるのは遥か下!

 

ガラスに囲まれても怖いのに

こんなん絶対無理っ!

 

あー、怖かった!でも行った価値はありましたよ!

鶴橋にてディープな夕食

さて日も暮れたし、鶴橋に移動して焼肉でもキメようかと。

ここもそもそも狭い路地なのに凄い人。良さそうな店はどこも並んでいます。

歩き回ること数十分、何故か人が少なそうで

「子袋たたき」を看板に掲げるディープそうなお店を発見。

ここ入ってみるか!

入店すると店内はテーブルが2つ、そしてカウンターが4~5席の店構え。

お客さんとおぼしき人は一人だけカウンターに。

そして店員さんらしき人は
恰幅のいい不愛想なおばちゃんが2人…。

 

入店してもいらっしゃいも案内も何もなし。


トロールの方がまだ愛想がいいわ!

 

テーブル席の前で「ここいいですか?」と聞いて着席。

神戸在住の先輩が適当に

先「テッチャンとロース、あとキムチと生二つで」

私「あと生チレお願いします」

トロールA「何人前ずつ?」

先「一人前で」

トロールA「1人前?!」

明らかに不満そうな応対。

なるほど、あとから口コミで見てみると焼き物は2人前以下だと断るそうな。

合わせて2人前だから渋々受けたみたい。

 

その分飲むからいーじゃん…、
俺たちもうそんなに喰えないお年頃なのよ。

 

食べログやGoogleの口コミを抜粋すると

・もはや感動を覚える接客の悪さ♫肉の旨さもぶっ飛びそう
・もしかすると食べログレビューやり始めて、初めてオール1.0を記録したお店だろうなぁ〜
この肉の旨さとサービスのマズさのギャップはなんだ!
・ホスピタリティは最低。はっきり言って、客商売として無茶苦茶
・サービス業ってなんぞや?
・確かに美味しいけど、あの愛想とサービスの無さは・・・
・中を覗いたら「何しに来た?」と言わんばかりに眉間に皺を寄せた挑発的な表情でにらみ返された
・まあ色んな意味で、韓国の焼肉屋の空気を教えてくれた店でした
・「親の顔が見たいわ」と思っている方、どうぞごゆっくりご覧下さい。目の前にいらっしゃいます
接客業とは思えないくらい乱暴な振る舞い!ここまで来ると逆にスカッとした気分になります
・この体験をする方が一人でも減りますように…

いやぁ
ディープな店を引き当てちゃったナァ!

 

たしかに、テッチャンは美味しかった。

ロースは厚みもそれほどで、たいしたもんじゃない。

で、私の所望した生チレ!

レバーの風味でフワの噛みごたえって感じ

これを食べられただけで良しとしよう。

 

ちなみにメニューをみると

子袋たたきを筆頭に、カッパ・アカセンポッカなど初めて見る名前が多数。

好きな人にはいい店だろうなぁ。好きな人には!

子袋たたきは確かに美味しいらしいけど、食べられるか勇気がなく断念。

 

なお生中をおかわりしたら、
あきらかにさっきのジョッキに注ぎ足しで戻ってきた。

サムネイル写真が子袋たたき

 

いやぁ、素人にはハードル高い店でした。

それでも19:30位には満席になってたかな。
別のテーブルには小さい子供連れのファミリー。アチラの言葉で話してらっしゃいました。

 

ごちそうさまでした!(当然返事無し)

道頓堀散策


とりあえず記念に

ここも凄い人出。
道頓堀堀川のグリコ周辺なんて外国人(ほぼアジア)だらけ。


お洒落なトゥンカロンのお店

 

とにかく店の量・アーケード街の多さは名古屋の比じゃないことはわかった。
大須が10倍連結してる感じ?
若者は毎週遊びに来ても新しいお店が開拓できて良いだろうな。

とはいえ、大体の大阪繁華街の感じがわかって
おじさん二人組にはそろそろ食傷気味だった時に
目に飛び込んできた眩い光!

派手にも程があるベンチ!

珍しいものが見れて満足。

21:30 ブリッジホテル チェックイン

ブリッジホテル心斎橋

ビジネスホテルのつもりで予約してもらってたのですが

ここはとても良かった!

 

今回はある程度安く旅するのがコンセプトだったので

ツインで11,000円
5,500円/一人

 

場所は道頓堀から徒歩10分のエリア。

朝食込み。

そしてなんと

22:00まで
ビール等飲み放題!
ラーメンも食べ放題。
しかも提供フロアに持ち込みOK!

これは嬉しいっ!!

セルフですが、こんなイカス提供!

かーっこいい!

22時に終了になる直前にはスタッフの方が
「皆様、22時をもってラーメン・飲み放題が終了となります。よろしければ追加なさってください」と声かけ。

しかも「何杯でもお部屋に持ち込んでいただいて大丈夫です」ですって。

どうやらスタッフの多数は外国人のようですが非常に日本語が達者で、こちらからの要求も普通の早口の日本語もすんなり理解して返答もちゃんとした日本語。たぶん知らなければ日本人だと思った。ホスピタリティも非常に高くて感心しました。

 

フロントにあるマッサージチェアも無料ながら、インフィニティチェアのように自動で後傾して非常~~に快適でした。(ハンドマッサージがあったら200点満点だった)

 

ここのホテルはほんと良かった!!

系列ホテルが沖縄にもあって、そこも凄くコスパ良さそうで
この情報は収穫でした!

dotonbori-group.comビジホ並みの価格で、オススメです!

 

シモンズベットでグッスリ安眠。Zzz・・・
(やっぱ車中泊とは違うわぁ…)

 

先輩、宿代おごってくれてありがとう!

2日目

朝食も無難に美味しく、
先輩はバイキングに食パン3枚と菓子パンまで喰って
「もぉ~、昼いらん…」という始末。(伏線)

明日からは仕事なので、サクッと巡って帰ろうと。

大阪生野コリアタウン

まぁ~~、ここも凄い人ですわ!

あるのはK-POPの店が1割、3割が韓国系レストラン。

残りは全部キムチ屋じゃね?

しかもどこも同じ店構えで、品ぞろえも一緒

で、どこもキムチ買うだけで行列…。

 

わからん!
関西の人達の気持ちがわからんわ…。
(まぁG.W.だから特別混んでただけなんでしょうけどね)

 

あまりの人混みに気持ちが萎えてるところに
先輩がスマホ落としたと言う。

 

幸いにも、若い人がやっていた済州島セレクトショップでジュースを飲んだ時に落としたらしく、その店に戻ったら店員さんが笑顔で「こちらですよね、良かったです!」と渡してくれました。聞けば他のお客さんが見つけて届けてくれたと。

大阪も若い人は感じいいじゃん!

気分が良くなったところで

昼食 鶴橋にて冷麺

先輩がどうしても鶴橋のキムチを土産に買いたいというので鶴橋にUターン。

せっかくなので僕は本場の冷麺が食べたいので、またお店探し。
で、どこも行列。

 

行列を避けてお好み焼き屋でもいっか、と暖簾をくぐると難しそうな顔して鉄板の前で何か焼いているおばちゃん。

「入れますか?」と声をかけるが無言。

(いやな感じ)と思いつつ、もう一度声をかけると

オバチャン「奥あいてるけど!」

いや、知らんがな!ここはダメだ。

 

先輩は「俺はビールだけでいいから、冷麺食べればいいじゃん」と言うのですが、この繁忙期に嫌がられるでしょと言いつつ適当な店に入店。

 

あきらかにアチラ系のお母さんにテーブルを拭いてもらい着席。

厨房をお父さん、フロアはお母さん一人で廻してるっぽい。

オモニ「注文は?」

私「冷麺で」

先「瓶ビールで」

オモニ「あとは?」

先「僕お腹一杯なのでビールだけでいいです」

オモニ「じゃあヨソ行って!」

 

いや分かるけども!
言い方!!!

 

このお母さん、根は悪い人じゃないのはわかる。他のお客さんにも口調は丁寧じゃないながら、ケジャンの食べ方教えてあげたりしてたし。ただ、あまりに鶴橋スタイルが当たり前と思いすぎ!

 

結局冷麺を二人前頼んだのですが、先輩も味は美味しかったようで「意外と食べれたw」と結果オーライ。

 

いやー、それにしても
鶴橋は合わないわ。

ここはアッチの人たちのホームで、私たちはアウェイ。
それはいいでしょう。

いらっしゃいませも言えないのも鶴橋文化か。

でもさ、

お前らちゃんと消費税納めろよと。
ほとんどの店がレシート渡さないのがお察し。

 

時間は14時過ぎ、先輩と久々の楽しい時間を惜しみつつお別れ。
歩き疲れて足も痛いし鶴橋駅に飛び込んで、帰りは1000円プラスしてアーバンライナーで帰ることにしました。

アーバンライナーひのとり

アーバンライナーひのとり

乗車券1,800円(金券ショップにて)+特急券1,930+ひのとりレギュラー料金200円
3,930円

ひのとりはシートにバックシェルが標準装備なので
後ろに倒す時にまったく気兼ねしなくていいのが地味にイイ。
あと窓がすごく大きくて、そこも在来線とちがってやっぱりいいですね。

優雅さを売りにしているだけのことはありました。

心残り

途中で、かすうどんはネットで油かすを購入しればいいやと思って帰宅してしまったのですが、ネットで買おうとすると高い!!

西成のスーパーで買ってこれば良かったと凄く後悔。

どなたかスーパーでこれ
見かけた方いませんか?

 

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

 

もし宜しければ

ラーメンがお好きな方は是非この記事を

 KISS(バンド)がお好きな方は是非この記事を

 是非読んでいただけたら自分では好きな記事なので嬉しいです。何卒よろしくお願い申し上げます。

他にも節約情報や、気軽に読める美味しいもの等の記事がございます。

PCだと右上、スマホは下の方に「カテゴリー」がありますので

お暇つぶしにでも是非どうぞ!

*1:高速バスならもっと安く片道2,000以下という話もありますが、曜日・時間によって価格が変動するため、G.W.等は3,000円程度になっていました